プラセンタの口コミ効果

いろいろ知りたい・聞きたいプラセンタの情報

プラセンタの基礎知識

辛い更年期をプラセンタで快適に!?その理由を徹底解説

投稿日:

一体なぜプラセンタが更年期障害に効くのか?

プラセンタ更年期

平均的に、女性は45歳から55歳の間を更年期と呼ばれる期間に入ります。
その間は、体の火照り、のぼせといった身体的な症状や、うつといった精神的な症状まで、様々な不定愁訴が起こると言われており、日常生活に影響が出てしまう方もおられます。
症状の重さ、辛さには個人差がありますが、約10年もの間、ずっと体調不良や違和感とともに過ごすのは大変なことです。

しかし、プラセンタを使うことで、更年期の症状を緩和することができると言われているのをご存知でしょうか?
一体なぜプラセンタが更年期障害に効くのか、わかりやすく解説します。
更年期で毎日辛いと悩んでいる方、更年期障害に関する知識を得たい方はぜひ目を通してくださいね。

 
 

なぜ更年期になるのか?

更年期とは

更年期と呼ばれる期間は、閉経の5年ほど前から始まります。
女性は思春期になると、卵巣からの女性ホルモンの分泌が活発になって、月経が始まり、それから数十年と続いていきます。

毎月同じように月経が来ていても、40代に入ると卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減り始め、月経周期が乱れるようになります。
そして、平均的に50歳になるころには、卵巣の機能が停止した状態へと近付いていき、次第に閉経していきます。

この閉経に向かうタイミングとともに更年期が始まり、数年間にわたって体の変化を引き起こします。

 

更年期の症状を引き起こすもの

更年期障害、という言葉でひとくくりにされていますが、その症状は人によって異なります。
体の火照り、急な発汗などがよく知られていますが、うつ、だるさ、頭痛などの症状も更年期の症状です。

この原因となるのが、卵巣刺激ホルモンと黄体化ホルモンのふたつです。
これらのホルモンは、卵巣から分泌される女性ホルモンが減少することでその濃度が高くなり、体の異変を起こします。

更年期の初期症状と言えるのは、月経周期の乱れ、自律神経の乱れです。
その後、更年期の中頃から後期にかけては、筋肉、膣、膀胱の機能の衰え、血圧上昇といった症状が現れるようになります。

閉経する頃の女性は、子供の独立、親の介護といった生活環境や家庭環境の変化が起こりやすい時期でもありますので、そのタイミングと重なると、自分が空っぽになってしまったような感覚になってしまうことがあると言われています。

 

こんな症状があったら更年期の可能性あり

<体の異変>

・月経周期が乱れてきた
・体が火照る、のぼせる
・汗をかきやすくなった
・手足が冷える
・肩こり、腰痛、関節痛、筋肉痛が出やすい
・目や喉が乾きやすくなった
・急に動悸が激しくなることがある
・息切れしやすくなった
・頭痛、耳鳴り、めまいがたびたび起こる
・肌が乾燥しやすくなり、かゆみを感じることもある
・頻尿になった
・排尿後の残尿感がある
・体に痺れが出る
・知覚過敏になった
・性交障害
・下痢、便秘

 

<精神や心の異変>

・物忘れが酷くなった
・物事に集中できなくなってきた
・不眠
・疲れがとれない
・気分が落ち込む

 

更年期の症状を治療・改善するための方法

プラセンタを使った治療

プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出したエキスで、栄養素をたくさん含んでいます。
その栄養素が更年期に効果的だということが分かっており、更年期の症状の治療や改善のために使われています。

 

ホルモン補充療法を行う治療

これはHRTと呼ばれる方法で、ホルモンを体外から補充することで、少なくなってしまったホルモンをの働きをカバーすることを目的としています。
しかし、この方法では血栓症や脳卒中、心筋梗塞、乳がんのリスクが上がるのでは?という指摘もあります。

 

漢方を使った治療

漢方は副作用が起きる心配がないのが特徴です。
更年期の症状を緩和するためによく利用されるのは以下の漢方です。

・加味逍遥散(かみしょうようさん)……更年期の症状全般に効く
・桂枝茯苓丸(けいしふくりょうがん)……火照り、のぼせ、鬱症状に効く

漢方薬との相性によっても効果は左右されますので、漢方を使って更年期の症状を緩和したい場合は、漢方薬局で詳しい説明を受けてください。

 
 

更年期対策に注目を集めているプラセンタ

プラセンタに含まれる栄養素

哺乳類の胎盤から生まれるプラセンタには、たくさんの栄養素が含まれています。
タンパク質、脂質、糖質、ビタミン類、ミネラルといった私たちの体を構成するもの、健康を維持するために働くものなどが詰まっているため、更年期症状の治療だけでなく、肝臓の病気治療にも使われています。

また、これらの栄養素の働きで、ホルモンバランスを整える効果や美肌効果、血行促進効果、疲労回復といったたくさんの効果が得られますので、美容目的でプラセンタを活用している方も大勢おられます。

 

プラセンタがもたらす効果

・血行をよくする
・新陳代謝を促して基礎代謝を上げる
・免疫力や治癒力を向上させる
・肝臓の機能を高める
・ホルモンのバランスを整える
・体の酸化を防ぐ

このような効果を持つプラセンタを使えば、更年期症状のケアと同時に、疲れにくい体をつくる、風邪にかかりにくくなる、太りにくい体をつくることができるなどの効果が得られます。
また、アンチエイジング効果、冷え性改善といった、女性なら誰もが気にする悩みもケアしてくれるのがポイントです。

 
 

プラセンタを使った更年期障害の治療について

50年前から治療に使われてきたプラセンタ

更年期障害に関する知識や理解が広まったのは近年のことのように思えますが、実はプラセンタは更年期障害の治療に50年前から使用されてきました。
プラセンタには20を超える薬理作用があり、適度な効果を発揮するうえ、副作用が現れないことが評価されています。

 

どんな治療が行われるのか

注射で直接摂取する

ヒト由来のプラセンタを、1日1回か2回注射することで、更年期の症状を治療、緩和するのがプラセンタ注射(プラセンタ療法)です。
医療機関での治療ですので、自分に合わせた治療ができるでしょう。

注射に使われる薬剤は2種類あるのですが、更年期の症状を治療するために保険適用内となるのがメルスモンという薬剤で、費用は1本500円ほどです。
しかし、使用する本数が2本以上になると保険適用されなくなるため全額自己負担となります。

もうひとつの薬剤は、ラエンネックです。
こちらの薬剤は主に肝機能障害を治療するために利用されることが多いようです。

 

サプリメントで摂取する

「注射のために病院に行く時間がとれない」「病院に行くほどではない」という場合には、プラセンタ配合のサプリメントを使ってみましょう。
毎日飲むことで更年期の症状が軽くなったという方もおられますが、プラセンタ配合のサプリメントは1万円を超えるものが多く、コストが嵩むことがデメリットです。
しかし、注射のように痛みを伴うこともなく、毎日続けやすいという点が多くの方から支持されています。

 

プラセンタは安全なのか

胎盤から抽出した成分と言われると、安全性や副作用に不安を持たれる方も多いのではないでしょうか。
しかし、プラセンタは長い歴史のなかで、命に係わるような副作用が出たことはありませんので、安心して使える成分だと言えるでしょう。

とはいえ、肌質、体質によってはプラセンタに含まれるタンパク質で、アレルギーが起きることもあると考えられていますので、使用する前には医師に相談してみるのをおすすめします。

 
 

プラセンタを使って更年期を乗り切ろう

たくさんの不調に見舞われる更年期を、少しでも楽にするためにプラセンタを使っている方は大勢おられます。
我慢せず活用できるものは取り入れてみてください。

プラセンタを使った治療は注射かサプリメントですが、自分が取り入れやすいもの、安心して使えると思うものを選びましょう。
更年期やプラセンタについて気になること、解消したい不安がある場合は医師に相談してくださいね。

 
 

-プラセンタの基礎知識
-, ,

Copyright© プラセンタの口コミ効果 , 2018 All Rights Reserved.