プラセンタの口コミ効果

いろいろ知りたい・聞きたいプラセンタの情報

プラセンタの基礎知識

プラセンタ配合の化粧品の効果は?

投稿日:

美白、アンチエイジングがしたい方必見!プラセンタ配合化粧品の効果とは

プラセンタ化粧品効果

美白やアンチエイジングは、女性であれば誰もが気になるもの。
このふたつをケアするために効果があるとして注目されているのが、プラセンタです。

プラセンタ配合の化粧品を使用することで、どんな効果が得られるのか?
きちんと効果が得られる化粧品を選ぶコツは?
という気になる点をまとめて紹介します。

 
 

プラセンタって何のこと?

プラセンタとは、主に哺乳類の胎盤から抽出されるエキスのことを指しています。
動物が出産をした後に、自分の治癒力を向上させるために胎盤を食べるのはなぜか?という点に着目し、研究が行われた結果、胎盤には栄養素が豊富に含まれているという点が明らかになりました。
化粧品として活用されるようになったのはごく最近ですが、古くからプラセンタを医薬品として利用していたという歴史も持っています。

ただ、サプリメントやドリンクとして、プラセンタを利用するのは、コストもかかることなので、まずはプラセンタを配合した化粧品を利用してみるのがおすすめです。

ちなみに、プラセンタには、美白、保湿、アンチエイジングという、美肌のために欠かせない効果がたくさん。
その気になる効果について、これから説明していきます。

 
 

プラセンタ配合の化粧品が持つ効果とは

保湿

プラセンタを化粧品に配合する場合には、プラセンタを「プラセンタエキス」として利用します。

このプラセンタエキスの中には、豊富にアミノ酸が含まれているのが特徴です。
アミノ酸は、肌を保湿するために働くと言われている、天然保湿因子(NMF)を構成する成分です。

プラセンタを使ってアミノ酸を補給し、保湿効果を高めることができます。
さらに、肌を守る機能のサポートも行います。

 

ターンオーバーを助ける

古くなった角質から新しい角質へと肌を生まれ変わらせるためには、ターンオーバーというサイクルが、正常に行われていなければなりません。
しかし、乾燥、年齢、ストレスといったことが原因になり、ターンオーバーは乱れてしまいます。

プラセンタに含まれている上皮細胞増殖因子(EGF)が働きかけることで、ターンオーバーがきちんと行われるようになり、乱れてしまったターンオーバーのサイクルを正常に戻すようサポートします。

 

美白

メラニンは生成された直後は無色なのですが、時間が経つとチロシナーゼという酵素と結び付いて黒色化してしまいます。
これがシミになってしまうのですが、プラセンタはこの酵素の働きを抑えてくれますので、シミやそばかすを予防することができます。

 

アンチエイジング

プラセンタには、肌の老化現象に係わる酸化という現象を防ぐために有効だと言われている、ビタミンCやビタミンE、ミネラルといった栄養素が含まれています。
肌内部で生まれる活性酸素が多くなりすぎないよう、働きかけます。

 
 

原料ごとに異なるプラセンタの特徴

豚由来のプラセンタ

豚

日本で最も使用されているプラセンタのなかで最も多いのは、豚のプラセンタなのだそうです。
何故かと言うと、豚は年に2回の出産、そして一度にたくさんの子供を生むことから、胎盤を効率よく得ることができるので、プラセンタを安価で手に入れることができるためです。

豚由来のプラセンタは、人の肌や体と相性がよく、肌馴染みも良いことから、利用しやすいということも特徴でしょう。
ちなみに、国産のプラセンタに使用されている豚は、日本SPF豚協会によって定められた基準で管理された豚ですので、安全性も高いと言われています。

 

馬由来のプラセンタ

馬

馬は年に1回の出産で1頭しか出産しませんし、そもそも飼育されているサラブレッドの頭数が限られているため、馬由来のプラセンタを使ったものの値段は、他のプラセンタに比べて高額になりやすいという特徴があります。

しかし、必須アミノ酸を6種類も含有しているという、馬由来のプラセンタだけが持つ特徴が魅力的なため、注目を集めている存在です。

また、馬は病気になりにくい動物ですので、ワクチン投与の機会も少ないため、プラセンタの殺菌処理が少ない工程で終わらせることができます。
それにより、プラセンタの濃度が高い状態で製品化できるのも魅力だと言えるでしょう。
もちろん、安全性も高くなっています。

 

羊由来のプラセンタ

羊

実は、羊由来のプラセンタは国内で生産されていません。
また、伝染病のリスクがあることから、輸入制限がかけられているため、日本での流通はほんのわずかとなっています。

その一方で、欧米などでは羊由来のプラセンタは認知度が高く、一般的に流通しています。
人間によく似たアミノ酸の組成が特徴で、肌に馴染みやすいそうです。

 
 

プラセンタ配合化粧品を選ぶなら

まずは配合量をチェック

プラセンタは配合されている濃度が高ければ高いほど、効果が出やすく、実感しやすくなっていますので、配合量が多いものを使うのがおすすめです。
しかし、プラセンタの配合量の表示に関する規定はなく、商品によっては配合量を詳細に記載していないものもあるようです。
パッケージや公式ホームページに、プラセンタの配合量がきちんと表示されているものを選ぶと、失敗しにくいでしょう。

配合量の他には、プラセンタの種類、抽出する際の方法もチェックし、安心して使えると思うものを選んでください。

 

保存料や香料不使用のものがおすすめ

プラセンタ配合の化粧品のなかには、プラセンタを水で薄めているものがあります。
そういったものと見分けるためには「濃度100%の原液」などの記載を目印にしましょう。

原液とはプラセンタが薄められていない状態のことですので、配合量の目安にはなります。
この場合、プラセンタを製品化する際に、プラセンタの濃度100%という記載があったとしても、化粧品に配合する段階で100%でなくなりますので、注意してください。
中には、保存料や香料が使われていないものもあります。

 

公式サイトや口コミも見ておこう

プラセンタを高濃度配合とされているアイテムでも、本当にその通りなのか、私たちの目で見ても判断はできません。
なので、プラセンタ配合の化粧品を選ぶ際には、まず公式サイトで、使用しているプラセンタは何か、どうやって製造されているのかということを確かめ、次に、口コミサイトでユーザーの声を見てみましょう。
もしカウンターで販売しているものであれば、スタッフから詳しく説明を聞いて、実際に使用感や匂いを確かめてみてください。

 
 

プラセンタ配合の化粧品の効果を高める方法

使い方

プラセンタは洗顔後に使います。
その後で普段通りのスキンケアを行ってください。
これは基本的な使い方ですが、なかには違うタイミングで使用するものもありますので、正しく使うためにも使用方法を確認してください。

また、プラセンタが肌に合わない場合もあります。
肌荒れなどの異常が出たら使用を止め、様子をみてください。
アレルギーがある場合は、事前に皮膚科でプラセンタを使っても良いのか確かめておくと安心して使うことができますよ。

 

プラセンタの効果を高めるなら

プラセンタが持つ効果を高めたいのであれば、イオン導入がおすすめです。
イオン導入は、微弱電流を流して化粧品の成分の浸透を助けますので、プラセンタの効果がより分かりやすくなることが期待できます。

注意ポイント

ただし、微弱とはいえ電流を毎日肌に流すのは刺激が強くなりますので、イオン導入は週に1回か2回程度にしてください。

また、プラセンタの原液を使って行うということも大切です。
保存料などの添加物が配合されていると、それらの成分も肌内部へと浸透してしまいますので、無添加のプラセンタ原液を選んでください。
無添加のプラセンタは劣化しやすいため、指示されている保管方法は厳守しましょう。

 
 

プラセンタを使えば理想の肌を作れる?

プラセンタは原液のもの、化粧品に配合されているものなど、私たちの身近なところに多くあります。
今までにプラセンタを使ったことがない方でも、肌の乾燥が気になり始めた、くすみを防ぎたい、シミを作りたくないという方は、一度プラセンタを使ってその美容効果を試してみてはいかがでしょう。

 
 

-プラセンタの基礎知識
-, ,

Copyright© プラセンタの口コミ効果 , 2018 All Rights Reserved.