プラセンタの口コミ効果

いろいろ知りたい・聞きたいプラセンタの情報

プラセンタの基礎知識

プラセンタって副作用がある?プラセンタ配合化粧品の選び方

投稿日:

プラセンタ 副作用 プラセンタを使った化粧品を使ってみたい…でもプラセンタの副作用が心配。安心して使えるアイテムの選び方は?

プラセンタ副作用

美白、保湿、アンチエイジングという魅力的な力を持つプラセンタは、今や多くの製品に使用されている美容成分です。

美容クリニックでは、プラセンタ注射で直接体内にプラセンタを摂り込むことで、高い効果を得ることができます。
しかし、その人気の一方で、「動物の胎盤から作った成分だし、安全性に不安がある」「副作用が出たりすることはないの?」という不安の声も聞こえてきます。

安心してプラセンタを使うためには、正しい知識を得ることが必要です。
ここではプラセンタの持つ効果や、アイテム選びのポイントとともに、副作用のことについても解説します。
プラセンタのことを詳しく知りたい方は必見です。

 
 

プラセンタって何のこと?

プラセンタは「胎盤」を英訳したもの

プラセンタの原料となるのは、豚、馬、ヒトといった哺乳類の胎盤です。
胎盤と言われると少し抵抗があるかもしれませんが、採取された胎盤を加工し、抽出したエキスのことをプラセンタと呼びます。

タンパク質で構成されていますが、お腹の中で赤ちゃんを育成していくために蓄えられた栄養素が豊富に含まれていることから、美容や健康のために働く成分として注目されています。

 

プラセンタのもととなる動物

馬

プラセンタにはいくつかの種類がありますが、最も希少で美容効果が高いとされているのが、馬の胎盤から作られるプラセンタです。
馬は1年に1度の出産で1頭しか出産しませんので、採取される胎盤の量が少ないことから、希少性が高く、そのぶんお値段も高くなります。
しかし、1頭の赤ちゃんに栄養をたっぷり与えるため、胎盤の中には栄養素が豊富に詰まっています。

高額な化粧品に配合されているプラセンタは、馬プラセンタであることが多いようです。

 

豚

プラセンタのなかで、もっとも数が多いのが、豚の胎盤を原料にしたプラセンタです。
豚は年に2回出産し、そのたびに10頭前後の子供を出産するため胎盤の採取がしやすく、量も豊富です。
そのため豚プラセンタは、手に入りやすい値段のものがほとんどです。

しかし、馬と比べると美容効果は劣りますし、豚は病気を防ぐための投薬が行われていることもあるため、安全面に不安を持たれることも多いようです。
豚プラセンタを選ぶ際には、SPF豚などの安全管理が徹底されているものであることを確かめると良いでしょう。

 

羊

動物のなかでも人間の胎盤に似ているのが、羊のプラセンタです。
構造がよく似ているので、体が取り込みやすいと言われています。

また、羊は免疫力が高いため病気になりにくい動物ですので、安全性も高いと言えるでしょう。

しかし、2001年に狂牛病が流行したため、現在は国産の牛と羊の胎盤を使うことは不可能となっています。
現在入手できる羊のプラセンタは外国のものしかありません。

 

ヒト

ヒト

人間の胎盤からもプラセンタが作られています。
ヒトから生まれたものをヒトが摂取するので、効果と安全性の高さは他のどのプラセンタより優れています。
しかし、ヒト由来のプラセンタは、医療機関でしか使用が許可されていません。

 

植物

アロエ

アロエ、トウモロコシなどの植物の胎座と呼ばれる部分からも、プラセンタを採取することができます。
植物が原料になっていますので安全性は高いのですが、効果はやや低くなります。

 
 

気になるプラセンタの副作用

プラセンタの副作用とは

アレルギー反応

プラセンタの主な成分であるアミノ酸に反応すると、アレルギーが起こる方がおられます。
もし不安がある場合は、プラセンタ配合の化粧品を使用する前に、パッチテストをしてから顔に使うようにするのが良いでしょう。
化粧品を使ううちに肌に違和感が出てきた場合には、使用を止めてください。

 

感染症

動物由来のプラセンタは、品質管理がずさんだと感染症にかかる危険性があります。
しかし、国内で生産されているプラセンタは、どの動物であってもしっかりとした基準のもとで管理されていますので、感染症のリスクはほぼゼロだと言えます。
とはいえ、自分の体を守るためにも産地の表示、品質管理基準の明示などがきちんと行われているメーカーを選ぶと、安心感も高くなります。

 

プラセンタの品質にも影響を受ける

現在使用されているプラセンタの多くは豚ですが、実は牛のプラセンタが主流だった時期もありました。
しかし、前述したように狂牛病が流行して以降、日本国内での牛、羊の胎盤を使ってプラセンタを製造することか禁止されています。

羊のプラセンタを使いたい場合は、海外で生産されたプラセンタを使用するしかありませんが、日本とは異なる基準になりますので安全面での不安が残ります。

安心して使用できるプラセンタを選ぶためには、メーカーの公式サイトや口コミサイトなどをチェックして、品質管理の方法、使ってみてアレルギーが起きた人がいないかどうかという点を確かめてみましょう。

 
 

プラセンタを選ぶ際に確かめておくことは?

品質管理や安全基準が遵守されているか?

メーカーごとに独自の管理基準を設けているところがほとんどですが、それに加えて日本SPF豚協会、日本健康・栄養食品協会といった第三者機関の基準を満たしているものを選べば、プラセンタの安全性はかなり高いと言えます。
商品のパッケージ、または公式サイトで確かめられるようになっています。

 

プラセンタの偽物に気を付けて

過去に、プラセンタを配合した化粧水として販売されていた化粧水の中身が、プラセンタではなくコラーゲンだったというトラブルがありました。
プラセンタとコラーゲンは全く違うものですので、プラセンタの効果を期待して使った方を大きく裏切る行為です。
現在でもこのような偽装を行っているメーカーがあるかもしれない、と頭の片隅に入れておき、商品を選ぶ際には品質管理の方法などを確かめてください。

 

保存方法

これはどのような化粧品にも共通することですが、正しく保管しなければ製品の中身が変化、劣化してしまい、肌トラブルの原因になることがあります。
とくにプラセンタは細菌、バクテリアといったものが繁殖しやすくなっていますので、保管する際には直射日光が当たらず、湿度が低く、高温にならない場所で保管してください。

また、保管場所に気を付けているからと言って何か月もかけて使うのもおすすめできません。
開封したら早めに使い切ってください。

 
 

プラセンタ化粧品を使った人の感想

ポジティブな感想

良い口コミ

「肌の調子が悪かったのですが、プラセンタを使ったら肌が潤って、メイクが崩れにくくなりました。臭いが独特なのが気になりますが、それ以外は問題ありません」

「敏感肌なのでプラセンタを使えるか不安もありましたが、快適に使えています。プラセンタを使っているうちに肌のツヤ、トーンが上がって、メイクのノリもよくなってきたので嬉しいです」

 

ネガティブな感想

悪い口コミ

「プラセンタには臭いがある、という話を聞いていたのである程度覚悟していましたが、どうも好きになれません。すぐに消える臭いではありますが、使い続ける気になりません」

「敏感肌でもプラセンタを使えている人が多いのを見て購入したのですが、私の肌には合わないのか、使うとヒリヒリします」

 
 

安心して使えるプラセンタを見付けて美肌を目指そう

プラセンタの特徴や副作用について説明してきたので「自分の肌に合うか不安」と思われる方もおられるかもしれませんね。
しかし、品質管理がきちんと行われているプラセンタを使えば確かな効果を得ることができます。

プラセンタと記載されていれば何でも良い、という訳ではありません。
メーカーの技術や工夫、第三者機関の基準など、細かくチェックすれば必ず自分と相性の良いプラセンタ化粧品が見付かりますよ。

 
 

-プラセンタの基礎知識
-, ,

Copyright© プラセンタの口コミ効果 , 2018 All Rights Reserved.